読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I'll be…Won't you stay?

I SCREAMから帰ってきてすぐこんなことから書くのはあれかもしれないけれど、ツアーのことはあとで書くからまず、触れさせてもらうことを許してほしい
 
 
あんまりここで明確な名前を出すことはしてなかったけど、前々から言ってる、わたしがそもそもジャニーズのタレントにはまったきっかけというのが今年に入ってから話題の中心にいるすまっぷさんです。
最近はすっかり北山くんだけど、毎週スマスマは録画してるし、金曜日の拓哉くんのラジオは毎週聞いてる。(木村担)
 
そして2016年1月13日。最初の報道の時ももちろん少なからず動揺はしたし、あの気持ち悪い会見は見直したりすることできてない。
新しい仕事は来ない、不遇な扱いをされていることはわかっていたけど、それでもきっといつか、いつかまた元通りになるはずと信じて「今まで通り」の応援を続けてきてた
 
そして2016年8月13日。
個人的にだけどわたしが初めてジャニーズのコンサートにいってえらく感動して帰ってきた日からちょうど丸10年。
好きになってから3年目でのコンサート。地方組で子供だったこともあってずっとお茶の間でみていた人達が目の前にいる!かっこいい!!かわいい!!キラキラしてる!!!楽しいーーーーー!!!!
ってなっていたあの日のことを思い出しながらわたしは福岡にいた。グループは違えど10年後の同じ日もジャニーズのライブに行くなんて面白いなーなんて思いながら。
 
ライブも終わって友達と飲んでほろ酔いで帰ってきて楽しかったねー、北山くんかわいいかっこいいー、ねむーいなんて言っていた矢先のあのニュース。
 
 
眠気なんて吹き飛んだ。今までだって何度も出てきた報道だけど訳が違う。
何が起きてるのかさっぱりわからなかった。
いや、今でも何を言われてるのか、これから何が起きようとしているのかわかってないところがあるかもしれない
 
だって
SMAPのない芸能界に未練なんてない
個人もすごいけど5人集まった時が最高に強い
100人かかってきてもSMAP守れる
SMAPって言わせて
SMAPは帰ってくる場所
解散する理由がない
SMAPは僕の血液
SMAPがいないと僕何にもできないもん
20年、25年、30年、50年。50年になったらメンバーが1人減ってるかもしれない。でも僕1人になってもSMAP続けます!
 
って言ってた人達だもの。そんな人達がグループを手放すなんて誰が考える?
 
"この先どうしようもなくすれ違ったり
言い争いがあったりしても
どうか道の途中で手を離そうとしないでよ
ちゃんと繋いでてよ
Let you know大事なのは続けること
楽しいだけでいれない時も"
 
2006年(デビュー15周年)のアルバムPop!Up!SMAPに収録されてるSTAY。
アルバム曲なのにファンとの関係、メンバーとの関係に重ねてずっと大切にしてくれてて今年の年明けのCDTVでも歌ってくれてた曲。
そんな曲を選択する人達なんだもん。
 
 
 
「今の5人の状況では活動を続けていくことが困難」
ってなに?どんな状況なのかちゃんと話してくれてないじゃない。
 
「話せる時が来たら自分の口から話す」
とラジオで言ってた拓哉くんはまだ話してない
 
「年末まで踏ん張る」「大丈夫ですから。自分たちでやりますから」
そう言ってた中居さんから何の説明もなく紙面だけの報告がくる訳がない
 
やり方がおかしすぎて。
 
 
それでもそこまで知らない人は報道をそのまんま鵜呑みにしてて、それにもびっくりした。
 
「ただ気に入らないから潰す」
そんなことがこの社会で通じてしまうのが恐ろしい
 
 
 
 
もう頭ぐるんぐるんしながらとりあえず眠ってI SCREAMオーラスを見届けた。
「切り替えて切り替えて、とにかく今は置いといて」と言い聞かせて行ったから福岡いる間は保ててたけど、やっぱり今回のことはあまりに大きな出来事だ
小学生の頃、見た目におっきな変化が出る持病を持ってていじめられたりしたけど支えてくれたのは世界に一つだけの花だった。
高校受験を支えてくれたのはライブの楽しかった思い出だった
馴染めない高校生活を乗り切れたのははじまりのうただった
大学受験を支えてくれたのはこの瞬間、きっと夢じゃないだった
きすまいちゃんという新たな楽しみをくれたのも慎吾くんのドラマとスマスマの共演だった
いつもそこにいたんだもの。
 
決定はしばらく覆せないのかもしれない
特に彼女がいる間は。
だけど、メンバーは事務所に残る。それなら1度ばらばらにされたとしてもまだきっと可能性はある。本当に本当に顕微鏡でみないと見えない可能性かもしれないけど、わたしはその可能性を信じたい。足掻きたい。
メンバーの口から直接、圧力のかけられていない言葉で、それでもやっぱりこの道を選びたいというなら時間かかっても受け入れる
 
だけど誰も納得しないこんな結末で終わらせたくなんかない。
 
 
 
 
"永遠なんて言わないからさ
5、60年それだけでいい"
 
から、ね。乱文失礼しました。