読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もともと何処吹く他人だから価値感はイナメナイ

悲しい。とにかく悲しい。

 

文章力も、頭の良さも無いから稚拙な文章になること、時には怒りを買ってしまう可能性があることもあるけど許してほしい。読める人だけ読んでもらえれば。ただ自分の感情の整理みたいなもんだからスルーでもいい。

 

私は確かにすまっぷとキスマイの掛け持ち。*1

すまっぷだけが好きだった時は他Gの魅力なんてわかんなかったし、他の人達を好きになるなんて思ってなかった。

でもすまっぷとスマキスが好きな友達がきっかけでキスマイに出会って、ちょっとずつキスマイが好きになった。

それは確かにすまっぷとキスマイがおんなじ事務所だから、バーターとして共演ができたから知ることができて好きになったのかもしれない。

だけど、わたしは「おんなじ事務所だから」キスマイが好きになったんじゃない。見ていておもしろいな、かっこいいな、かわいいなって思ったグループがたまたま同じ事務所だった。

だから、事務所ラブ、では絶対ない。

派閥のことも、スマだけハブにされてたことも、3:4構成だったキスマイのことも、今年に入ってからのすまっぷの扱いについても、無理やり引き離されるすまっぷのことも、考えるたびにクソ事務所(言葉悪くてごめんなさい)だと思ってる。できることなら上層部全取っ替えするか性格のいい違う事務所に移れたらいいのに、と。現実問題、事務所が変わったらテレビから消えてしまう可能性が高いから前者希望。

スマスマ後のカウコンCMもタイミング考えるべきだったと思う。

何度も何度も何度も救ってくれた、活力をくれたすまっぷが潰されてなくなってしまうのはほんとにほんとに辛くて苦しい。だから絶対に阻止したいし、お花摘みもできる範囲でやる。

 

キスマイを好きになる前、気になる程度だった時、このままキスマイとの掛け持ちになってしまったらすまっぷを裏切る形になってしまわないか、嫌がるすまおたもいるだろうなとか考えたりもした。100%すまっぷだけに注いできたものが50%ずつになったりしてしまわないかとも。けど、実際掛け持ちになった時にも言ったように*2どちらにも100%を注ぐことができる。幸せもたっくさん増えた。

 

好きなものの割合を分けてる人もいるだろうし、そうじゃないけどなんか違うって人もいるだろうから完全に一緒とは言わないけど、すまっぷ以外に俳優だったりアニメだったり女子ドルだったり、その他事務所タレント以外の趣味がある人とそんなに変わらないと思うんだ。すまっぷ以外に好きなものがない人のことはなかなか想像するにも限界があるかもしれないけれど。

 

実際にはっきりとした声を聞いてるわけじゃないけど、報道が出た8/14のライブで北山くんは中居さんのことに触れてくれた。「みんな舞祭組好きだよね。早く舞祭組次の曲出せばいいのに。スルメさん何してるかな?」と。にかちゃんは生まれて初めて2016年が終わってほしくない年だと形が残る文章で書いてくれてた。他のグループに関してはあまり私はわからないけれど、ファンにしかわからない形で、あるいはすまっぷにしかわからない形で、何かしらのメッセージを送ってるのかもしれない。

メリジュリのいじめの仲間になったり一緒にいじめたり見て見ぬ振りをしたりするわけじゃなく、助けたいけどどうしたらいいかわからなくて、考えられる形で一生懸命何か伝えようとしてくれているのかもしれない。1度憎悪の感情を持ってしまったら、それを無くすのはとっても困難なことだから、掛け持ち、後輩アンチ派は何言われても嫌いなもんは嫌い。ってなってしまうのかもしれないけれど。

 

掛け持ちはすまっぷが潰されようとしてるのに潰そうとしてる事務所が好きで他も追いかけている、それは違う。大好きな人達が大嫌いな事務所の駒となってることを悔しく、悲しく、もどかしく思ったりしてる。 掛け持ちがすまのこととか、すまオンリーの人をバカにしただとか、どうせ来年からバラバラになるなら他のグループに降りるとかしたんだったら*3わかるけど、どうしてそんな風に言われてしまうんだろう。前々から2グループとも好きだったのに、その途中で1つのグループに危機が訪れたら落ち着いてる方は捨てなくてはいけないんだろうか。

 

タイトルにしたセロリの歌詞の通り、そもそも他人だから理解しあうことはかなり難しいのかもしれない。けど、やっぱり分かり合えない、否定されるっていうのは悲しい。

*1:もう一個掛け持ちしてたけどそっちは最近事務所ゴリ推しのせいもあり仲の良さを以前にも増して推してるように思えるのと、某メンバーの口調の強さのせいで以前ほどではなくゆるゆるゆるゆる。なので今回は除外

*2:twitterにて

*3:わたしの知らないところでそういう人がいたのかもしれないけどわたしはそんな人知らない